pixta_28184243_M_edited.jpg

 " 人 生 100 年 時 代 " 

知らないと損する...、
現役時代にやっておくべき
最強の資産形成!

kouganzai_edited.jpg
老後の貧困対策プロジェクト_edited.jpg

 " 8割以上が老後に不安 " 

少子高齢化、人口減少社会をむかえ、老後の生活資金、介護、世代間扶養等の問題は現実のものとなってきました。

セコム株式会社の調べ 「老後の不安に関する意識調査(2021年7月)」 では、8割以上が「老後に不安を感じる」と回答しています。

老後に不安を感じる人の理由は、

「病気やケガなどの健康不安(80.4%)」、

「経済的な負担に関する不安(66.6%)」、

「介護に関する不安(51.3%)」となっています。

また、「健康の維持や老後に備え、何か具体的な対策をしていますか。」の問いに、

59.4%が「対策をしていない」と回答。

対策をしない具体的な理由は、

「具体的にどのような対策をすればよいかわからないから(48.5%)」が最多となっています。

上記の通り、多くの方が老後に不安を持ち、具体的な対策をどのようにすればよいかわからずにいるというのが現状です。

私たちは、

このような方たちのために、「安全性を兼ね備えた最強の資産形成方法」をお伝えしています。

52481936_s_edited.jpg
14530316_s_edited.jpg
55071915_s_edited.jpg

 " そもそも資産形成って " 

資産形成とは、資産を作っていくことです。

銀行などに積立期間を決めて定期的に掛金を払込む定期積金なども立派な資産形成と言えますが、長期にわたる低金利、さらには僅かな預金利息にも20.315%もの税率が課されるといった悲しい(例えば、100万円を0.002%の定期預金に1年間預けても15円しか増えない)状況にあると言えます。

銀行預金のほかにも、「投資信託・株式投資・不動産投資・仮装通貨・金投資」など、さまざまな資産形成ツ-ルがありますが、内容がよくわからず戸惑っている方も多いでしょう。

日本銀行調査統計局の調べ『資金循環の日米欧比較』(2021年8月)家計の金融資産構成における「債券・投資信託・株式」の割合では、日本か15.4%(現金・預金54.3%)と、米55.2%(現金・預金13.3%)、欧29.6%(現金・預金34.3%)と、欧米と大きな開きがあり、堅実な日本人の性格を表わしているとも言えます。

 " 資産形成のポイント " 

資産形成とは、資産を作っていくことです。

銀行などに積立期間を決めて定期的に掛金を払込む定期積金なども立派な資産形成と言えますが、長期にわたる低金利、さらには僅かな預金利息にも20.315%もの税率が課されるといった悲しい(例えば、100万円を0.002%の定期預金に1年間預けても15円しか増えない)状況にあると言えます。

銀行預金のほかにも、「投資信託・株式投資・不動産投資・仮装通貨・金投資」など、さまざまな資産形成ツ-ルがありますが、内容がよくわからず戸惑っている方も多いでしょう。

日本銀行調査統計局の調べ『資金循環の日米欧比較』(2021年8月)家計の金融資産構成における「債券・投資信託・株式」の割合では、日本か15.4%(現金・預金54.3%)と、米55.2%(現金・預金13.3%)、欧29.6%(現金・預金34.3%)と、欧米と大きな開きがあり、堅実な日本人の性格を表わしているとも言えます。